和紙クロスのご紹介

自然素材・本物の和紙壁紙「因州楮和紙」
天然鉱物顔料 ウラ自然に囲まれた時の癒しの感覚、自然素材だからこそ醸し出される心休まる安心感、最高級の和紙壁紙です。

和紙は云わば人間と同じで「呼吸」をしています。夏は湿気を吸い、冬になると湿気を吐き出すと言った現象があります。人に優しく、また安らぎの空間を作り出すでしょう。

楮原料の繊維「楮(こうぞ)」について

楮は三椏・雁皮と並び和紙三大原料の一つ。

楮紙(こうぞがみ)とは楮の樹皮繊維を原料として漉いた紙のことで、麻紙や斐紙に比べて美しさには劣りますが、丈夫なため重要な公文書や経典・書籍など長期間の保存を要する文書の用紙として用いられ、和紙の代表的な存在とされてきました。

檀紙・奉書紙・杉原紙などはいずれも楮を材料としており、また和傘や障子、襖の材料としても用いられています。 原料処理が困難な麻や栽培が困難な斐と違って、原料加工がしやすく、栽培が容易であったために山間部などの農耕が困難な土地の副業として生産が盛んになりました。

和紙の衰退とともに生産量は減産しましたが、近年は独特の風合いだけでなく、自然素材の内装材・建材が注目され、ナチュラル・エコな素材を住まい作りに選ばれるお客様が増えております。